♪♪♪さぬいゆき音楽教室   Piano Lesson


さぬいゆき音楽教室
レッスンの方針2

♪ソルフェージュを活用したピアノレッスンを行います

♪ピアノライフへの第一歩、導入レッスンには特に力を入れます


♪「ソルフェージュ」を活用したピアノレッスンを行います

 「ソルフェージュ」とは、ピアノに限らず、楽器を学んでいくうえでの基礎体力を養うものです。

 具体的な科目としては、すこし固い言葉になりますが、「新曲視唱」「譜読み」「リズム」「初見演奏」「聴音」「キーボードソルフェージュ」などになります。

「新曲視唱」
 はじめて見た楽譜を、その場で歌うことです。その曲が表現している拍子、音高、リズム、メロディ、抑揚、フレージングなどを瞬時に読み取り、歌います。実際にピアノの演奏になったときに、楽譜を素早く読んで音楽を形づくっていく力につながります。

「譜読み」
 楽譜の大きな要素の一つである「音の高さ」だけを抽出して、すばやく読みこなすための科目です。

「リズム」
 楽譜を読むときには、ついつい音符の高低に気を取られてしまいますが、同じくらい重要なのが「リズム」です。様々な種類の音符が組み合わさって、様々なリズムになります。このリズムを拍としっかり合わせて、いきいきと表現できるようにします。ピアノ演奏の際の読譜にとって、とても重要な力となっていきます。

「初見演奏」
 新曲視唱を、実際のピアノ演奏に移し替えたものとご理解ください。初めて見た楽譜を素早く理解し、その世界を表現します。

「聴音」
 ピアノで弾いたメロディや和音、単音などを聴きとる力を育てます。導入では、まず「聴唱」といって、ピアノのまねをして歌うことから入っていきます。音感を養成するために欠かせない科目です。

「キーボードソルフェージュ」
 あるメロディに対して伴奏をつけたり、即興的に演奏をしたりします。最初は簡単な和音による伴奏づけなどから入ります。ポピュラーにはとても役に立つ、コードに関する知識を扱います。ピアノという楽器を自由に楽しむ能力を養う科目です。

・・・それぞれの科目を便宜的に独立したもののように記しましたが、実際はそれぞれの科目どうしはお互いに影響し合い、補完し合う、不可分の内容になっています。

 当教室では、これらのソルフェージュ科目を、ピアノ演奏指導にしっかりと結びつけています。そうすることで、ピアノを弾くことを、より楽に、より楽しくしていくことができるのです。



♪ピアノライフへの第一歩、
導入レッスンには特に力を入れています

 幼児から大人の方まで、丁寧にカウンセリングを行い、オーダーメイドのカリキュラムを組みます。そして、個々の発達や要望に応じて、丁寧な導入を行います。

 幼児は同じ年齢であっても、月齢や性格、発達の度合いなどで、一人ひとりの状況はかなり異なります。それぞれのお子さんをよく見つめ、関わり、保護者の方と情報を共有しながら、無理のない導入をはかります

 保護者の方にピアノ経験がなく、「ピアノを習わせるといってもどのようにサポートしていいかわからない」という方も多くいらっしゃると思います。でも、まったく心配はありません! 幼児から小学校低学年までは、おうちで保護者の方がサポートし、さらにそれを講師がサポートすることも、レッスンの一部と考えています。練習の方法や効果的なピアノへの向かい方、お悩みなど、すべて相談に乗りますのでご安心ください。

 大人になってピアノを始める方にも、これまでたくさんお会いしてきました。みなさん、大変な勇気を出して教室にいらっしゃいます。そして、それぞれのピアノを弾きたい理由も、生活の背景も、子ども以上にバラエティに富んでいらっしゃいます。

 ですが、みなさんに共通することは、「ピアノがとても好き」「心からピアノを弾いてみたいと思っている」ということです。私はこれまでに何度も、大人の生徒さんから勇気、刺激、元気をいただいてきました。

 その気持ちを私は確かに受け止めて、無理なく、楽しく、それぞれの方に適切なスピードで、ピアノライフへご案内したいと思っています。様々な良い教材があり、またご希望に応じて、みなさんが弾きたい楽曲を、講師自身がみなさんに合わせてアレンジすることも多くあります。

 どうぞご遠慮なさらず、たくさんコミュニケーションをして、世界でただ一つのレッスンをご一緒に作り上げてまいりましょう!